2017 全国花火大会開催日程情報

全国各地の有名な花火大会の2017年の開催日程を紹介

なにわ淀川花火大会

大阪の真夏の風物詩といえば何といっても、なにわ淀川花火大会です。

平成元年に「平成淀川花火大会」として始まり、今年で29回目を迎えます。


淀川と梅田の高層ビル群を背景に、花火が打ちあがる様は豪華絢爛で、毎年テーマに沿った新しい演出が楽しめるのですが、淀川に半円上に開く花火や、大玉の連続打上、様々なモチーフをかたどったキャラクター花火など、見どころ満点です。


開催日時は、2017年8月5日の19:40から20:40までです。雨天決行、荒天の場合は中止となります。


場所は、大阪府大阪市淀川区新北野の淀川河川敷(国道2号線から新御堂筋鉄橋間)で、アクセス方法は、JR神戸線「塚本駅」から徒歩15分、またはJR「大阪駅」から徒歩25分です。


なにわ淀川花火大会見どころは、まずは、大迫力の大型花火で幕が開き、淀川に半円上に開く名物「水中花火」が楽しめます。

そして迫力満点の「大玉100連発スターマイン」なども打ち上げられます。


また毎年、「星」「りんご」「ニコちゃんマーク」など可愛らしいモチーフをかたどったキャラクター花火や、新作花火が登場し楽しませてくれます。


淀川を舞台に圧巻の花火パフォーマンスを繰り広げるなにわ淀川花火大会へは、例年50万人以上もの人が訪れます。

豪快な10号玉をはじめ、水面いっぱいに広がる水中花火のほか、尺玉一斉打ちでスタートする音楽シンクロ花火、ラストを飾る「空中ナイアガラ」までが息つく暇もなく展開し、なにわの夜空を華麗に彩ります。