2017 全国花火大会開催日程情報

全国各地の有名な花火大会の2017年の開催日程を紹介

豊田おいでんまつり花火大会

豊田おいでんまつりは、初夏に愛知県豊田市で行われるお祭りです。おいでんまつりとは変わったネーミングですが、こちらは三河弁の「おいで(来なさい)」という意味です。
豊田おいでんまつりのフィナーレを飾る花火大会は、矢作川河畔の白浜公園一帯で開催されます。
オープニング花火から、全国屈指の花火師による創作花火や、日本煙火芸術協会作品(打ち上げ&スターマイン)コーナーなど、前半から盛り上がります。
後半は勇壮な手筒花火や、最大の目玉となる花火と音楽をシンクロさせたメロディ花火、フィナーレを飾るワイドスターマイン(五基同時打ち)のほか、地上30mの高さからのナイアガラ大瀑布などが次々と披露され、感動の一夜が演出されます。
トヨタ自動車という世界企業の地元の花火大会ということもあり、東海地区最大級の打上数で、見どころも多い大会です。
豊田おいでんまつりは毎年7月の最終週の土日に行われます。花火大会はその最終日に行われるので、2017年7月30日(日)の開催になります。
時間は19:10から21:00で、場所は矢作川河畔、白浜公園一帯になります。
花火大会は雨天決行で、川の水が増水した場合などは中止になり、順延はありません。
見どころは、何といってもメロディ花火で、花火が音楽にあわせて踊るように打ち上がる様がとても美しく、おいでんまつり花火大会の目玉プログラムです。
そして、花火大会のラストには会場いっぱいをつかったナイアガラ大瀑布が点火します。その迫力と美しさは何とも言い難いものがあります。